キハ07

 キハ07形は,国鉄が1951年に再生改造した一般形気動車であり,旧型式名はキハ42500形(2代目),1957年の称号改正でキハ07形に改称されました。キハ42500形(2代目)の前身のキハ42000形は,キハ41000形ガソリン車をベースとし,車体寸法を拡大し機関出力を強化した車両です。キハ42000形には1935年から1937年にかけてガソリン機関を搭載して62両が製造された車両(42000〜42061)と,1937年にディーゼル機関を搭載して試作されたキハ42500形の3両(42500〜42502,初代)がありました。キハ42500形(2代目)はこれらのうち,戦後まで残存していた車両の機関を新開発のディーゼル機関DMH17に換装して再生改造されたグループ43両(42500〜42542)と,戦後1952年度に追加製造された20両(42600〜42619) で構成されます。

■称号改正による改番 (1957年)
 キハ07 1〜キハ07 43 ← 42500 〜52542
 キハ07 101〜キハ07 120 ← 42600 〜 42619

■変速機の機械式から液体式への変更 (1960〜1963年)
 キハ07 201〜キハ07 215 ← キハ07 100番台 15両

■私鉄への譲渡
 キハ42000形時代,キハ07時代を含め,常総筑波鉄道,関東鉄道,羽幌炭礦鉄道,長門鉄道,江若鉄道,茨城交通,有田鉄道,片上鉄道,水島臨海鉄道,加越能鉄道,鹿島参宮鉄道,鹿島鉄道,北陸鉄道などに譲渡され,全国で活躍しました。

■キハ42000形同型の私鉄新製車
 ・台湾総督府交通局キハ300形,キハ400形
 ・夕張鉄道キハ200形 → 岩手開発鉄道キハ301
 ・南薩鉄道(→鹿児島交通) キハ100,キユニ100形

 

No.D200_110429-58
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館


門司港jにある記念館に静態保存されているキハ07 41です。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
宮原(みやのはる)線,肥後小国⇔豊後森の吊り下げサボを付けています。キハ07は3扉なので,サボは片側側面の扉間2箇所に掲出されています。(フモ)は豊後森の電報略号です。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-59
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
形式表記です。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-60
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
所属は分モリ,フォントがなぜかゴシックです。定員95名です。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-61
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
丸いラインと大型のヘッドライトが美しい。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-65
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
青いモケットのシートが並ぶ車内。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-82
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
客室側から見た運転席。開放的で前面展望が楽しそう。
(2022/07/10追加)
No.D200_110429-83
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
簡素な半室運転台。ちょっと狭そうです。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-84
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
車内に入るには用意されたスリッパに履き替えます。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-95
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館
No.D200_110429-96
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館


小窓の並ぶ側面とサボの位置関係。窓枠のリベット,屋根上にはガーランドベンチレータ。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)
No.D200_110429-113
2011年4月29日
キハ07 41
九州鉄道記念館


正面の一番目立つ場所に形式が書いてあります。
(2011/05/04追加 2022/07/10ワイド化)

片上鉄道キハ702と比べてみてください。

 2011年5月4日 ページ新設
 2022年7月10日 写真ワイド化完了
 2022年7月10日 解説追加

■ 参考文献
 Wikipedia 国鉄キハ07形気動車