南海電気鉄道 キハ5501形・キハ5551形

 南海キハ5501形・キハ5551形は,紀勢本線の準急「南紀」に併結のため1959年から1962年にかけて製造された気動車で,国鉄キハ55形100番台と共通設計とされています。キハ5501は片運転台,キハ5551形は両運転台。非冷房車です。外観上の特徴として,南海線内は車両限界が小さいため,側窓の下部に保護棒が設けられています。当初は淡い黄色地に赤い細帯を入れた準急色でしたが,のちに併結相手が急行に格上げされたため,クリーム4号・赤11号の急行色に変更されました。

形式 番号 運転台 主な仕様
キハ5501 キハ5501〜5505 片運転台 キハ5501・5502は1959年製,キハ5503・5504は1960年製,キハ5505は1962年製
キハ5505は1973年事故廃車 → 関東鉄道キハ755
キハ5551 キハ5551〜5554 両運転台 キハ5551は1959年製,キハ5552は1960年製,キハ553とキハ5554は1962年製

先頭の2両は南海からの乗り入れ車キハ5551形(両運)とキハ5501形(片運)です。
(2009/12/26追加 2022/07/05ワイド化)
No.88-1
1985年1月13日
急行 きのくに
紀勢本線 紀伊日置←周参見
きらめく紀州路号を撮影に行った折の1枚。目的の列車は時変で来ませんでした。先のポイントから向こうは広大な和歌山(操)が広がっていたのですが,現在は跡形も無く再開発されています。紛れもない国鉄キハ55系の顔ですが,側窓下の行灯式表示と側窓の保護棒が南海5501系の特徴となっています。
(2010/01/16追加 2022/07/05ワイド化)
No.52-5
1984年5月5日
紀勢本線 宮前
南海キハ5501系+キハ58系

 2004年3月21日 ページ新設
 2007年6月30日 写真再スキャン完了
 2010年3月6日 形式毎に分離
 2022年7月5日 写真ワイド化完了
 2022年7月5日 形式一覧表および解説を追加

■ 参考文献
 Wikipedia 国鉄キハ55系気動車