800系

 800系は2004年3月13日の九州新幹線八代-鹿児島中央間の部分開業に向けて導入されたJR九州の新幹線車両で,700系をベースに先頭形状や内装,座席,機器配置などを変更しています。日立製作所により2003年から2010年までに6両編成×9本が製造されました。700系が4両1ユニットであるのに対し800系は3両1ユニットにしたため,不足する機器搭載スペースとして運転室後部に機器室を設置し,この結果500系と同様,運転室後部の客用扉が設置されていません。

←鹿児島中央 博多→
1 2 3 4 5 6
800系
U編成
821
Mwc
826
Mp
827
M2w
827
M2
826
Mpw
822
Mc
800系0番台 U001〜U006編成 U001-U005:2003年新製 U006:2005年新製
U005は2016年熊本地震で事故廃車
800系1000番台 U007,U009編成 2009-2010年新製 軌道検測装置搭載可
800系2000番台 U008編成 2010年新製 電力,信号,通信検測装置搭載可

800系1000番台
No.D200_110429-26
2011年4月29日
800系 U009編成 822-1109
九州新幹線 博多
軌道検測装置の搭載が可能な最終増備車U009編成。博多方の先頭車は822-1109。800系の編成番号は連結器カバーに記載されているので判別が容易です。U007-U009編成はヘッドライトの形状が変更され,カバーガラスは曲面的で膨らんだ形状となっています。

 2022年9月4日 作成
 2022年9月24日 Safariで半角数字列が電話番号リンクされるのを無効化


■参考文献
 Wikipedia 新幹線800系電車