EF64
0番台 1000番台

 EF64 1000番台は,1980年7月に登場しています。0番台とは別形式とも言えるモデルチェンジを受けており,82年までに53両が製造されました。1次機(1001〜1016),2次機(1017〜1032),3次機(1033〜1053)に分類されます。

分類 機関車番号 製造会社 EG 製造予算区分名 新製配置
1次機 EF64 1001〜1007 川崎重工業・東洋電機製造 昭和54年度第2次債務 長岡運転所
EF64 1008〜1016 川崎重工業・富士電機
2次機 EF64 1017〜1023 川崎重工業・東洋電機製造 昭和55年度第1次債務
EF64 1024〜1032 川崎重工業・富士電機
3次機 EF64 1033〜1041 川崎重工業・東洋電機製造 昭和56年度第1次債務
EF64 1042〜1053 川崎重工業・富士電機

EF64 1001
No.156-16
1988年4月10日
EF64 1001
田端機関区

ぶどう色2号塗色の1001号機。1001号機は東洋電機・川崎重工にて製造され,1980年7月3日に落成しています。
高崎公開で標準色,白Hが再現された1001号機。隣の1053号機と比べるとやはり窓周りの青に対し白Hがアクセントとなっていることがよくわかります。
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-018
2018年10月13日
EF64 1001 EF64 1053
高崎駅構内
No.D700_181013-026
2018年10月13日
EF64 1001
高崎駅構内



白Hゴムいいですね。
(2018/10/14追加)

午後になるとこちら側からが順光になりました。
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-127
2018年10月13日
EF64 1001
高崎駅構内
No.D700_181013-128
2018年10月13日
EF64 1001
高崎駅構内



北陸のヘッドマークも誇らしげ。次回は是非走行を撮りたいですね。
(2018/10/14追加)

北陸とあけぼのマーク
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-148
2018年10月13日
EF64 1001
高崎駅構内
2019年5月の高崎公開では懐かしい旧高ニ区構内でEF6437,1001,EF8197の並びが実現。白Hゴム,JRマーク無しの美しい3両が並びました。
(2019/06/02追加)
No.D700_190526-130
2019年5月26日
EF64 1001 EF6437
高崎機関区
EF8197との並び。昔は広かった高崎第二機関区の構内も狭くなり,跡地に住宅が建っていてびっくりしました。
(2019/06/02追加)
No.D700_190526-131
2019年5月26日
EF81 97 EF64 1001
高崎機関区
出羽ヘッドマークを付けたEF641001とEF8197「鳥海」の並び。
(2019/06/02追加)
No.D700_190526-157
2019年5月26日
EF64 1001 EF8197
高崎機関区
車体が長い1000番台はEF81と並ぶとバランスがちょうどいいですね。
(2019/06/02追加)
No.D700_190526-159
2019年5月26日
EF64 1001 EF8197
高崎機関区
EF64 1002
No.134-36
1986年10月6日
EF64 1002+マニ
+14系+マヤ+マニ
東北本線 東十条付近

マヤを含むマニアックな編成を牽引するEF64 1002号機。1002号機は東洋電機・川崎重工にて製造され,1980年7月9日に落成しています。
No.D700_130321-40
2013年3月21日 15:01
EF64 1002+EF64+タキ
東海道本線(稲沢線)
稲沢←清洲

清洲を通過するEF64重連牽引日本石油輸送専用タンク列車。
(2013/03/23追加)
EF64 1003
No.134-36
1982年3月8日
EF64 1003+EF16+ワム
上越線
岩原スキー場前(臨)←越後中里

EF15?16?と重連を組み,貨物を牽引してスキー場の脇を通過する1003号機。1003号機は東洋電機・川崎重工によって製造され,1980年7月25日に落成しています。
No.D700_130321-31
2013年3月21日 14:24
EF64 1003+空コキ+ヨ
東海道本線(稲沢線)
稲沢←清洲

清洲を通過する1003号機牽引配給列車。
(2013/03/23追加)
EF64 1004
No.40-7
1984年3月30日
EF64 1004 と EF58103
上野

EF58主体の写真ですが,64の写真不足のためこちらに貼っておきます。
(2006/01/29追加)
No.D700_130321-73
2013年3月21日 16:12
EF64 1004+ホキ9500
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

矢橋工業所有のホキ9500形を牽引するEF64 1004号機。石灰石運搬専用ホキも今や貴重な存在です。
(2013/03/23追加)
EF64 1005
No.D700_130203-48
2013年2月3日 12:41
73レ
EF64 1005+コキ
成田線 佐原→香取

順光になる場所が近くになく流し撮りです。
(当日追加)
No.D700_130203-88
2013年2月3日 15:59
70レ
EF64 1005 +コキ
鹿島線 鹿島神宮→延方

この日最後の撮影列車。70レでは上の73レのカマが戻ってきます。北浦鉄橋の延方寄りから撮影。
(当日追加)
EF64 1006
No.D200_07430-14
2007年4月30日
EF64 1006 タキ
東北本線 東鷲宮←栗橋

国鉄色でタキを牽引して頑張る1006号機。新製投入したD200にAi50mmF1.2を付けての撮影です。9時前ですが,斜め後ろからの光線になってしまいました。
(2007/05/01追加)
No.D200_110824-10
2011年8月24日 06:52
EF64 1006+タキ
東北本線 栗橋←東鷲宮


この日のワシクリは濃霧に包まれました。せっかく原色が来たのに残念。
(翌日追加)
成田線のC61旧客試運転と絡めて撮影に行きました。この撮影地にはこの71レを撮るためだけに約40名も集結しました,好天に原色EF64,ラッキーです。
(当日追加)
No.D700_130203-29
2013年2月3日 09:45
71レ
EF64 1006+コキ
成田線 下総神崎→大戸
EF64 1007
No.D200_100522-48
2010年5月22日
EF641007
JR貨物大宮車両所

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2010で展示されたEF641007号機です。後ろのEF651060と並んで全般検査に入っています。
(翌日追加)
EF64 1008
No.D700_130322-111
2013年3月22日 16:13
EF64 1008+ホキ9500
東海道本線(稲沢線)
清洲

矢橋工業所有のホキ9500形を牽引するEF64 1008号機。この列車,西濃鉄道乙女坂から美濃赤坂−笠寺経由で名古屋臨海鉄道の新日鐵・南貨物まで運転されています。
(2013/03/23追加)
EF64 1009
No.D700_130322-119
2013年3月22日 16:41
EF64 1009+ホキ1000
東海道本線(稲沢線)
稲沢←清洲

見事な編成美を誇るフライアッシュ・炭酸カルシウム専用ホッパー車,ホキ1000を牽引する1009号機です。後ろから上りEF66コキが迫り,焦って右側の編成後端もギリギリでした。なお一番右側の白いのは直前に通過した上り「しらさぎ」で,清洲駅のホーム上に撮影者がいたためか,相当タイフォンを鳴らしていました。
(2013/03/23追加)
EF64 1010
OM公開の日,40tクレーン2台に吊り上げられファンの歓声を受けるEF641010。
(2016/06/04追加)
No.D700_160528-086
2016年5月28日
EF64 1010
JR貨物 大宮車両所
EF64 1011
No.131-34
1986年8月2日
EF64 1011+貨物
上越線 渋川←敷島

利根川鉄橋をゆく1011号機牽引貨物列車。1011号機は川崎重工・富士電機によって製造され,1980年7月23日に落成しています。
No.D700_130322-133
2013年3月22日 16:51
EF64 1036+1011+タキ43000
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

重連総括で日本石油輸送のタキ43000を牽引するEF64。
(2013/03/23追加)
EF64 1014
No.41-7
1984年3月30日
EF64 1014+20系
801レ 天の川
東北本線 上野

上野駅地平ホーム14番線で発車を待つEF64牽引20系急行「天の川」。22:17入線,22:37発車です。隣は583系「はくつる3号」。左のバッグは私の荷物です (^_^) 。1014号機は川崎重工・富士電機によって製造され,1980年9月3日に落成しています。
No.174-39
1989年11月4日
EF64 1014+1022+ホキ
上越線 水上駅構内

紅葉の上越線を下るEF64 1000番台重連。
EF64 1015
No.D200_090813-34
2009年8月13日
EF64 1015 +タキ
東北本線 東鷲宮←栗橋

大カーブをゆく貨物色1015号機のタンク列車。
No.D700_130203-14
2013年2月3日 7:08
77レ
EF64 1015 +コキ
鹿島線 延方→鹿島神宮

北浦鉄橋を渡るEF641015牽引の77レ。この日は張り切って4時起床で現地へ。6:40過ぎの日の出から程なく77レ通過時刻となり,朝日を一杯に浴びて橋を渡って来ました。このあと下総神崎−大戸で1006号機牽引の71レを迎え撃ちました。
(当日追加)
No.D700_130203-38
2013年2月3日 11:24
72レ
EF64 1015
成田線 佐原←香取

上の2箇所の後,県道253号線の跨線橋の上に陣取りました。最初私と息子の2人だけでしたが,どんどん人が増えました。残念ながら72レはこのように単機でした。このあと12:25にDE10+旧客+C6120が通過。このときには30人ぐらいになりました。
(当日追加)
EF64 1017
No.D70s_061021-20
2006年10月21日
EF64 1017+コキ
東北本線 野木←間々田

更新色をまとった1017号機。東北本線で活躍中。
(2006/10/22追加)
EF64 1020
No.174-29
1989年11月4日
EF64 1020
上越線 水上

D51498で水上に行った折,転車台横の水上のクラで休む1020号機を撮影できました。1000番台の特徴の一つである連結作業灯がよく見えます。1020号機は東洋電機・川崎重工によって製造され,1980年8月20日に落成しています。
No.D700_130321-100
2013年3月21日 16:50
EF64 1041+1020+タキ43000
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

原色1041号機と重連総括を組んでタキを牽引する1020号機。
(2013/03/23追加)
EF64 1022
No.132-15
1986年8月2日
EF64 1022+貨物
上越線 渋川←敷島

利根川鉄橋をゆく1022号機牽引貨物列車。1022号機は東洋電機・川崎重工によって製造され,1981年9月17日に落成しています。
EF64 1025
No.174-28
1989年11月4日
EF64 1025
上越線 水上

上の1020号機の隣で水上のクラで休む1025号機。1025号機は川崎重工・富士電機によって製造され,1981年7月2日に落成しています。
EF64 1028
No.D700_120105-561
2012年1月5日
EF64 1028
田端機関区

田端区にて憩う1028号機。2END側です。公道から撮影。
(2012/01/09追加)
No.D700_120105-559
2012年1月5日
EF64 1028
田端機関区

田端区で憩う1028号機の1END側運転席をアップ。公道から撮影。
(2012/01/09追加)
EF64 1032
No.D200_100227-18
2010年2月27日
EF64 1032+24系25形
あけぼの
東北本線 上野

上野駅13番線で発車を待つEF64 1032。双頭形カプラを装備しています。
(2010/03/07追加 2022/04/01ワイド化)

No.D700_120105-537
2012年1月5日
EF64 1032+24系25形
あけぼの
高崎線 大宮←宮原

この日は雪のため大幅に遅れて大宮に到着しました。
(2012/01/09追加)
EF64 1035
北浦鉄橋を渡るEF641035牽引の貨物。D850投入によりD700との重連運用が可能になり,久しぶりに平行プレートとジュラが登場しました。
(2020/02/24追加)
No.D700_200223-012
2020年2月23日
EF64 1035 +コキ
鹿島線 延方→鹿島神宮
D850の方は24-70mmでほぼ標準の画角で撮影。
(2020/02/24追加)
No.D850_200223-012
2020年2月23日
EF64 1035 +コキ
鹿島線 延方→鹿島神宮
EF64 1036
No.D700_130322-130
2013年3月22日 16:51
EF64 1036+1011+タキ43000
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

重連総括で日本石油輸送の混色タキ43000編成を牽引するEF64。大垣行き313系新快速が被ったため望遠気味です。
(2013/03/23追加)
EF64 1037
No.D200_110806-22
2011年8月6日 6:52
EF64 1037+タキ
東北本線 東鷲宮→栗橋

日本オイルターミナルのタキ編成を牽引する1037号機。
(翌日追加)
EF64 1038
No.D700_130321-14
2013年3月21日 13:33
EF64 1038+EF64+タキ43000
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

重連総括で日本石油輸送のタキ43000を牽引するEF64 1038。
(2013/03/23追加)
EF64 1040
No.D700_130321-84
2013年3月21日 16:41
EF64 1040 +ホキ1000
東海道本線(稲沢線)
稲沢←清洲

太平洋セメント所有のフライアッシュ・炭酸カルシウム専用ホキ1000の美しい編成を牽引するEF641040。それにしても変わった撮り方?いえいえカメラのSWがオフでこんなことに・・・orz。
(2013/03/23追加)
EF64 1041
No.D700_130321-11
2013年3月21日 13:19
EF64 1041+コキ
東海道本線(稲沢線)清洲

コンテナ満載の美しいコキ編成を牽引する1041号機。
(2013/03/23追加)
No.D700_130321-98
2013年3月21日 16:50
EF64 1041+1020+タキ43000
東海道本線(稲沢線)
稲沢→清洲

重連総括で日本石油輸送のタキ43000を牽引するEF64。1041は原色,次位の1020は貨物色。タキは黒と緑の混色です。
(2013/03/23追加)
EF64 1042
No.131-32
1986年8月2日
EF64 1042+タキ
上越線 渋川←敷島

利根川鉄橋をゆく1042号機牽引セメント列車。牽引されているのは電気化学工業のタキ19000(19103他)の9両で,上部ハッチが4個あるのが特徴,同じタキ19000でもハッチが3つのものもあり,ややこしいですね,この世界は…。最近ようやくタンク車の勉強を始めた管理人です。1042号機は川崎重工・富士電機によって製造され,1982年5月27日に落成しています。
No.D200_090813-54
2009年8月13日
EF64 1042+コキ
東北本線 東鷲宮←栗橋

東北本線を上るコンテナ列車。お盆期間中ということで積荷は少ないです。下の行田−熊谷での撮影後,東北本線でも撮影です。
(翌日追加)
EF64 1051
No.D200_090813-10
2009年8月13日 5:23
EF64 1051+14系
北陸
高崎線 行田←熊谷

行田−熊谷の撮影地をゆく特急北陸。ISO1600を許容すればなんとかF2.8ズームが使える程度に明るくなってきましたが,構図がイマイチでした。

D200,VR70-200mmF2.8G,90mm(換算135mm),f2.8 1/320s,ISO1600,RAW
(翌日追加)
No.D200_100522-4
2010年5月22日
EF641051+24系25形
あけぼの
高崎線 岡部←本庄

この時期だと岡部-本庄間で十分撮影可能な「あけぼの」貴重な高崎線経由のブルトレとして注目されています。
(翌日追加)
上越線に迂回運転されたカシオペアです。高崎-水上間に運転されたC61 20 + C58 363の旧客と絡め,たくさんの鉄道ファンが沿線で迎え撃ちました。脚立に乗って手持ち撮影。列車通過直後の"大正橋ぞろぞろ集団移動"も見ものでした。(翌日追加)

D200,24-85mmf/2.8-4D,32(換算48)mm,1/640s,F6.3,ISO200,RAW
No.D200_110925-22
2011年9月25日 10:11
EF641051+E26系
う9010レ カシオペア
上越線 渋川←敷島
EF64 1052
No.D200_090813-16
2009年8月13日 5:53
EF64 1052+24系25形
あけぼの
高崎線 行田←熊谷

上の北陸と同じ日のあけぼのです。少し移動して背景に緑が来るようにしました。曇天ですが北陸通過時よりかなり明るくなり助かりました。

D200,VR70-200mmF2.8G,70mm(換算105mm),f2.8 1/320s,ISO400,RAW
(翌日追加)
No.D200_100227-28
2010年2月27日
EF64 1052+14系
北陸
東北本線 上野

3月12日で北陸廃止のため,上野駅13番線はごった返していました。ファン注視の中,発車を待つEF64 1052。
(2010/03/07追加)
この日,奥羽本線内での踏切事故のため大幅に遅延した「あけぼの」,吹雪の上越線を抜け,一転して冬晴れの高崎線を一路上野へと急ぎます。
(当日追加)
No.D700_130129-15
2013年1月29日 9:25
EF64 1052+24系25形
あけぼの
高崎線 岡部→深谷
EF64 1053
No.D700_121209-9
2012年12月9日 7:37
EF64 1053+24系25形7B
9418レ 団臨 あおもり
高崎線 岡部←本庄

久しぶりに早起きして4:26に息子と出撃。北関東道の威力で6:40には現地着。天気はGoodですがサイドに陽が当たらず残念。HMもありませんが,私は変なHMだったら無い方が好きです。
(2012/12/10追加)
ブルトレが廃止されてから年月が経ってしまい,現役の機関車を展示するのも難しくなってきていますね。
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-029
2018年10月13日
EF64 1001 EF64 1053
高崎駅構内
今回,美しい並びが見れて良かった。
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-041
2018年10月13日
EF64 1001 EF64 1053
高崎駅構内
EF65501もすっかり高崎の顔になってますね。
(2018/10/14追加)
No.D700_181013-120
2018年10月13日
EF64 1053 EF65 501
高崎駅構内

 2005年12月23日〜2006年1月22日作成
 2009年7月4日 番台毎ページ分離
 2022年9月28日 製造区分表をページトップに移動

■ 参考文献
 国鉄の新形直流電機  鉄道ファン186 1976年10月号 交友社
 最強シェルパ軍団 EF62・63・64 Part2 Rail Magazine 122 1993年11月 ネコ・パブリッシング
 Wikipedia 国鉄EF64形電気機関車

0番台 1000番台

Kano鉄道局TOP 蒸気機関車 電気機関車 ディーゼル機関車 客車 電車 気動車 新幹線