キハ41000 (キハ04・キハ05・キハ06)

 鉄道省では,1932年に16m級の機械式気動車を設計,翌1933年にガソリンエンジンを搭載したキハ36900形(キハ36900-36935),が登場,直後に改番されキハ41000形となりました。この設計には日本車輌製造が開発した私鉄向け大型ディーゼルカーの技術ノウハウがベースとなっています。キハ41000形は1936年までに試作ディーゼルエンジンを搭載した2両を含め,140両が製造されました。
 戦後,燃料不足を反映した天然ガス動車への改造や,国産ディーゼルエンジンへの換装が行われました。一方1951年にはようやく新製が再開されました。これに伴い,搭載されたエンジンの種類,形式により,キハ41200形,キハ41300形,キハ41400形,キハ41500形と改番されています。その後,天然ガス動車もディーゼルエンジンに換装され,1957年の称号改正でディーゼルエンジンの種類毎にキハ04形,キハ05形,キハ06形となりました。 

形式 番号・両数 新製/改造年 内容
キハ36900 キハ36900〜36935
36両
1933年
新製
第1陣新製。ガソリンエンジンとして連続定格出力100PS/1,300rpmの国産品,GMF13を搭載。台車は菱枠構造のペデスタル支持軸ばね式TR26
キハ41000 キハ41000〜41035
36両
1933年
改番
竣工直後の称号改正で改番。
キハ41036〜41137
102両
1933〜1936年
新製
第2陣以降新製。
キハ41500
(初代)
キハ41500,41501
2両
1934〜1935年
新製
新潟鉄工所および三菱重工製6気筒100PS級試作ディーゼルエンジン搭載。
↓↓↓ 戦時中の燃料統制で使用停止
戦後,天然ガスおよびディーゼルエンジンに換装し再生
キハ41200 キハ41200〜41211
12両
1948年
改造
天然ガス産地の千葉,新潟配置のキハ41000形12両を天然ガス動車に改造し改番。天然ガス動車の出力はガソリンに比べ約80%。
ガスのコスト高,充填の手間,爆発リスクなどから1952年までにキハ41300形に再改造し編入
キハ41300 キハ41300〜41335
36両
1952〜1954年
改造
上記キハ41200形,キハ41500形(初代・試作)2両,およびキハ41500形(2代)につき,DMH17から2気筒減らしたDMF13エンジン(110PS)に換装し改番
キハ41500
(2代)
キハ41500〜41572
73両
1950〜1952年
改造
キハ41000形73両を日野自動車製DA55エンジン(75PS)に換装しディーゼル動車化改造
キハ41600 キハ41600〜41649
50両
1951年
新製
キハ41500形(2代)と同仕様,DA55エンジン(75PS)を搭載した戦後新製車。リベット無し,雨樋追加,駆動車輪のプレート車輪化。
キハ41400 キハ41400〜41448
49両
1955〜1956年
改造
キハ41500形(2代)のDA55エンジンを出力向上,DA58(105PS)に改造,改番。戦前製車輌から車体更新も実施し1956年度末までに戦前製のキハ41500形は全てキハ41400形への改番完了。
↓↓↓ 1957年称号改正
キハ04
0番台
キハ04 1〜36
36両
1957年
改番
キハ41300形から改番 [DMF13 110PS 車体は戦前製]
キハ05
0番台
キハ05 1〜49
49両
1957年
改番
キハ41400形から改番 [DA58 105PS 車体は戦前製]
キハ06
0番台
キハ06 1〜50
50両
1957年
改番
キハ41600形から改番 [DA55 75PS 車体は1951年製]
 
キハ05
50番台
キハ05 50〜58
9両
1957年
改造
キハ06のDA55エンジンを出力向上しDA58(105PS)に改造,改番
キハ04
100番台
キハ04 101〜111
11両
1960〜1962年
改造
廃車になったキハ04のDMF13エンジンをキハ06に移植しキハ04 100番台に改番
キハ06
100番台
キハ06 114, 124, 127, 128, 136, 145, 147, 149
8両
1959〜1960年
改造
キハ06を液体式気動車と併結できるよう改造 (併結時は制御付随車として運転)。ナンバーは元番号+100

■ 地方私鉄への譲渡
 
旭川電気軌道,美唄鉄道,南部鉄道,秋田中央交通,羽後交通,小名浜臨海鉄道,東野鉄道,小湊鉄道,茨城交通,関東鉄道,新潟交通,蒲原鉄道,遠州鉄道,北陸鉄道,三岐鉄道,江若鉄道,北丹鉄道,御坊臨港鉄道,有田鉄道,別府鉄道,同和鉱業片上鉄道,水島臨海鉄道(倉敷市交通局),一畑電気鉄道

キハ41307
No.D200_080105-60
2008年1月5日
キハ41307 (キハ04 8)
鉄道博物館
鉄道博物館に収まったキハ41307。この車輌は1934年1月30日に川崎車輌でガソリンエンジン搭載のキハ41056として落成,天然ガス動車キハ41207への改造を経て,1952年11月にディーゼルエンジンDMF13を搭載してキハ41307となりました。中込区(長コメ)所属で活躍した後1958年1月11日に遠州鉄道へ譲渡されました。その後,北陸鉄道,関東鉄道,筑波鉄道と移籍し,1985年に廃車となり,鉄道ファンの熱意によりつくば市にて保存されていたものです。
No.D200_080105-60
2015年7月18日
キハ41307 (キハ04 8)
鉄道博物館



筑波鉄道でのナンバーはキハ461でした。鉄道博物館の展示場所が地味に変更されています。

 2022年8月10日 ページ新設
 2022年9月24日 Safariで半角数字列が電話番号リンクされるのを無効化

■ 参考文献
 Wikipedia 国鉄キハ04形気動車
 きはゆに キハ04・05・06車輌概要 http://kihayuni.jp/spec/04.html
 きはゆに キハ04車歴その1 http://kihayuni.jp/DC/kikai/04-1.html
 きはゆに キハ05車歴その1 http://kihayuni.jp/DC/kikai/05-1.html