下北交通 キハ85

 国鉄大畑線は,1939年12月6日に開業した下北−大畑間18.0kmの路線で,1985年7月1日に廃止となり,下北交通に転換されました。使用車両として,国鉄からキハ22形3両を購入し,ワンマン運転に対応するためデッキと客室を分ける仕切り壁を撤去,便所も撤去され,キハ85形として整備されました。塗色も下北交通独自の赤白の塗り分けに変更されています。
 下北交通大畑線は2001年4月1日に廃止となりました。
 ◆キハ85-1 ・・・ キハ22 149 改
 ◆キハ85-2 ・・・ キハ22 150 改
 ◆キハ85-3 ・・・ キハ22 151 改
1990/6
No.191-01
1990年6月17日
下北交通大畑線 大畑
大畑駅前の様子。撮影時点では本州最北端の駅でした。
No.191-05
1990年6月17日
キハ85-1
下北交通大畑線 下北
JRとの接続駅である下北に停車中のキハ85-1。独自塗色ですが,一見してキハ22と分かります。
No.191-06
1990年6月17日
キハ85-1
下北交通大畑線 下北
上と同じく下北駅に停車中のキハ85-1。

 2022年6月13日 ページ新設,写真スキャン

 参考文献
  ・ Wikipedia 下北交通大畑線
  ・ Wikipedia 下北交通キハ85形気動車
  ・ 新潮社 日本鉄道旅行地図帳 2号東北