JR東日本

253系
JR東日本の253系は,1991年3月から営業運転を開始した直流特急形車両で,主に都内から成田空港へのアクセス特急「成田エクスプレス」に使用されました。1990年から2002年にかけて5次にわたり111両が製造されました。

1次車(0番台)・・・クロ253-モハ253-クモハ252の3両編成。クロ253は定員4名のコンパートメントと開放グリーン室を備えており,1人掛け座席を2列設置した0番台と2人掛けと1人掛け座席を千鳥配置にした100番台の2種類があります。Ne-01〜Ne-11がクロ253 0番台組み込み編成,Ne-101〜Ne-110編成がクロ253 100番台組み込み編成。1990年製造。

2〜4次車(0番台増備車)・・・基本編成を6両に増強するための増備車で,モハ253 100番台-モハ252-サハ253の中間車3両が1992年〜1996年に計12本製造され,Ne-01〜Ne-11とNe-101編成に組み込み。なおNe-102〜Ne-110は3両編成のまま。

5次車(200番台)・・・2002年FIFAワールドカップに伴い増強された6両編成2本で,編成番号はNe-201,Ne-202。

1000番台・・・東武日光線・鬼怒川線直通特急「日光」「きぬがわ」向けに200番台のNe-201とNe-202編成を2010年〜2011年にかけて改造。編成番号はOM-NO1とOM-NO2。
2018/04
No.D700_20180428-062
2018年4月28日
253系1000番台 きぬがわ
東北本線 東鷲宮栗橋
253系1000番台のOM-NO2編成による東武直通特急きぬがわ。
2011/08
No.D200_20110806-45
2011年8月6日
253系1000番台 日光
東北本線 東鷲宮栗橋
栗橋付近をゆく253系1000番台のOM-NO1編成。1000番台は200番台からの改造車で,NEX時代と塗色が全く異なります。
1991/11
No.247-01
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 根古屋(信)←空港第2ビル
成田空港(手前)側から,クロ253-モハ253-クモハ252の3連×3編成で運転される成田エクスプレス。
No.247-05
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 根古屋(信)→空港第2ビル
3連×2の6両で成田空港へ向かう成田エクスプレス。この区間はj成田線の空港支線で単線となっています。その後線路の左側に京成成田空港線が設置されました。
No.247-08
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 根古屋(信)→空港第2ビル
単線のため,NEXは成田空港からすぐ折り返してきます。
No.247-13
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 成田→酒々井
晩秋の成田線・複線区間をゆくNEX9連。
No.247-19
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 成田→酒々井

酒々井に向かうNEX。
No.247-24
1991年11月16日
253系1次車 成田エクスプレス
成田線 成田→酒々井

東京へ向け9連で快走する成田エクスプレス。
 2022年4月4日 ページ新設

■参考文献 Wikipedia JR東日本253系電車